元引越しアルバイトが告白!悪質引越し業者を見抜くコツと本当にあった引越しトラブル10選

引越しを何度もするという人は珍しいですよね?はじめての引越し、勝手が分からないで悪質な引越し業者に騙されて、高額な引越し料金を請求された。引越しの時に家具・家電を壊されてしまった。新築の家を傷つけられてしまったなどトラブルにあわないためにあなたがしっておくべき事をまとめました

ホーム

誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なもの

誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。それは荷造り用品とか梱包材といわれるものです。



買うことや譲ってもらうこともできますが、見積もりを業者に依頼した場合、見積もりから契約のどこかで引っ越しに使ってくださいということで、このようなグッズをもらえるという話もよく聞きます。
一言言えばもらえるはずのものを先に買ったものが無駄になったと泣かないように見積もり依頼の際には一言確かめておくのが賢明です。
引っ越しの業者の一つとして、日本通運(日通)はテレビで「引っ越しは、日通」のコマーシャルを見かけるのが当たり前になってきたくらいよく知られた存在になりました。従来は、引っ越し専門業者を探してみると会社名は引越社、引越センターに決まっていたのが当然だと思っていました。
ところが、運送会社は近年、一般家庭を対象にした引っ越しを扱うようになっています。

そのような運送会社はたくさんありますが、日通のような有名どころであれば、それなりのサービスを期待できます。犬を飼い始めてそろそろ十年経つでしょうか。

この子と暮らし続けるため、住まいを変えることになった時にはペットが飼えるマンションでないといけませんから毎回苦労しつつ、探しているのです。
単にペットが飼えるマンションというだけでなく、できれば屋上にドッグランがあったりする、などといったしっかりした設備が揃ったマンションがいいです。

そういった設備のせいもあって、家賃がそれなりに高くなっても愛犬と一緒に生活していけるのならいい、と思っています。



1年のうち、春や秋は引っ越しが多い季節です。大学入学や就職、転勤など、人の移動が多いことが主な理由です。多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだとよく耳にします。詳しく聞いてみると、どうやら様々な手続きが複雑でややこしいことが不満だそうです。

水道や電気、市役所への複数の必要書類などなど、元の住まいからこれからの住まいの両方の地域で必要な手続きが多いので、焦らない為にも計画的な作業が必要になるわけです。
就職で都会に出てきてアパートで一人暮らしを始める時、新居に運ぶ荷物が、数えるほどしかなかったので、あれこれ検討しましたが、ヤマト運輸の宅急便で引っ越すことに決めました。


衣類と仕事用の本とか、梱包してみたらダンボール10個もないくらいでした。なので、引っ越し業者の利用よりもずっとずっと安かったです。ある種の生活必需品、たとえば布団とかは転居先で買おうと思っていました。

なのでそんな引っ越しもできたのだと考えています。現在の家に一家で引っ越したとき、1歳になる子供と一緒でした。話すことはできなくても環境が変わったことを感じ取って勝手が違うことに戸惑っているようでした。引っ越しを機会に、たくさんあった子供のものも使わなくなったおもちゃなどを整理しました。

片付けを進めているうちに出てきた母子手帳を初めから読んでみました。

ほんの少し前のことでも、妙に懐かしく思いました。
物件探しについてなのですが、近所にあった不動産屋さんのお店に直接行って、部屋探しをしました。その不動産屋さんの人がとても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、その人が勧めてくれたものの中から、一つを選びました。そこから少し離れた別の不動産屋にも訪ねて、相談もしてみるつもりはあったのですが、別のサイト掲載の物件も、何の問題もなく紹介してくれると担当者さんに教えてもらったので、不動産屋さんをいろいろ回らずに済んで助かりました。作業を順調に終わらせる計画性も、引っ越しにおいては重要ですが、何と言っても気になるのは引っ越し費用の節約です。

引っ越しの際には思いもよらない出費が重なって、予定していた金額を超えることだって多いのです。

いかに安い業者に頼むのかが大切ですので、見積もりを一括で依頼できる引っ越し業者の比較サイトを利用するのがおススメです。


引っ越し作業に手間取るという場合は、ぜひアート引越センターの利用を検討してみて下さい。

こちらであれば複雑な準備作業も予定通りに終わらせることができます。
段ボールの準備から家具の梱包や搬送まで引っ越しに関わる全てのことをサポートしてくれると思います。重たくて大変な家具や荷物の運搬も信頼がおけますし、当日も計画通りに引っ越せますから、もし引っ越し業者でお悩みの方は、アート引越センターを検討してみてはいかがでしょうか。
ドラム式の洗濯機を使用しています。

以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。



その時の事です。新居に荷物が運搬された時、濡れているダンボールをみつけてすぐに業者に電話をしました。
その原因は、洗濯機のホースに残っていた水で、車に揺られているうちに、染みでてきて、そのまま運んできてしまった、ということです。たいした被害にはなりませんでしたが、洗濯機のホースから水を抜いておく、ということは思いつきませんでしたし今度からはぜひ気を付けたいです。引っ越しをしようという時に、必要不可欠なものを挙げるとするなら、兎にも角にもダンボールかもしれません。引っ越しの荷造りを行なうのに、ダンボールは不可欠です。用途に合わせて使い分けられるように、大小いくつか種類があると作業をスムーズに進めることができるでしょう。

荷物が多い場合はダンボールも大量に必要になりますし、念のため、数はあった方が安心です。
無料で入手したいなら、スーパーなどお店でもらえますし、新品をホームセンターなどで買うこともできます。

ですが、業者が用意するダンボールを利用するのが作業効率の点から見ても良いようです。


子供が生まれる前の事、夫婦二人暮らしをしていた時に近郊にマンションを購入しまして、引っ越すことにしました。引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、大きなテーブルがあって、取り外し可能な脚がなかなか取り外せず、元の形のままで運んでもらい、大した値段ではなかったのですが、少々腑に落ちない追加料金を支払いました。
見積もりをもらった時にでも追加料金がどんな時に発生するか確認するのは、大事だと思いました。


引っ越しサービスの利用料は、いつ引っ越すのかによってずいぶん変わってくるようです。
最も引っ越しが多いのは、学校や職場が変わる春先で、この時期は割引サービスはほとんど適用されません。同じ理由で、土日や祝日の引っ越しも高く見積もられてしまいます。

そうは言っても、引っ越しする時期や曜日を変えることは難しいものです。
このご時世ですから、ネットの引っ越し何でもサイトなどでは、様々な業者から見積もりを出してもらうことが可能です。


費用面も含め、自分に合ったサービスを提供してくれる業者を見つけ、余計な費用がかからないようにしたいものです。

引っ越し業者の費用の相場は、同じ内容の引っ越しを依頼したとしても時期が決めるといっても過言ではありません。

人の移動が多い年度末や長めの休暇中だと引っ越しの依頼が多いので、全国どこでも相場が高くなります。
事情が許すのであれば繁忙期以外の閑散期に依頼できると相対的にお得な引っ越しができることになります。

業者によっては、時期によって倍近く費用が違うところもあります。
引っ越しも一家で行おうとすると、なんだかんだと、引っ越し当日はやるべきことに追われて、朝から晩までの作業になることは必然ですから、引っ越し当日の前にできそうなことは終わらせておけば当日の負担が減ります。
引っ越したらすぐに、水道や電気、ガスなどを使用可能にしておくことはどんなことにも優先して終わらせておき、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、荷物の中でも目立つようにして、すぐ使えるようにしておくと楽です。

仕方のないことですが、最近、マン

仕方のないことですが、最近、マンションやアパートで隣人はどんな人なのか、ほとんど知らなくても生活が成り立つことがおかしいと思わなくなっています。
それでも、日常の挨拶や災害など、大変なことがあれば助け合えるようなつながりがあった方が良いでしょう。

ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは引っ越しから間を開けずに、手土産を持って、両隣に挨拶をすることがポイントになります。大抵の引っ越しでは、意外なほど多くの不用品が出てくるものですが、これらの品をいくつかの引っ越し業者が買い取るサービスをしており、引っ張りだこの人気となっています。クローゼットやワードローブといったものから各種ブランド品、応接セットのようなものまで、引っ越しの時に出てくる不用品の種類は様々です。
買い取ってほしい品物がたくさんある時は、買取サービスを重点的に行っている業者を使うと便利です。そういった業者は、査定がしっかりとしていますし、いろんな種類を受け付けてくれ、どこか他の買取先を探す手間がかかりません。


よく言われることなのですが、引っ越し費用のうちで、高くなりがちなのがエアコンを取り外したり、設置したりする工賃です。
設置も取り外しも、専門の人に任せることになりますから、費用を見てみると、一台を取り付けるのに一万円くらいはかかるのが普通です。



ただ、引っ越しと同時にエアコンの取り付けまでしてくれる契約をしているのであれば概ね安く済むはずですけれど、業者は単にエアコンを運ぶだけ、という場合は、どこか他の専門業者に取り付けの工事を依頼するか、それとも、新品を買ってその店に取り付けを頼み、古いエアコンも引き取ってもらうようにするか等々費用やかかる手間など、総合的に考えてみた方が良いです。引っ越しなどで住所が変わった時は、できれば早めに国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。



資格喪失手続きは旧住所の方で行えますし、引っ越した先の住所で加入手続きはしなくてはなりません。

印鑑、国民健康保険証と、さらに、本人確認書類にできる運転免許証などを携えて手続きを終わらせてしまいましょう。同じ市からの引っ越しでも、忘れずに転居届を提出する必要があります。コート類、スーツなどハンガーに吊してある衣類の荷造りをする時に引っ越し会社から借りることができる専用の衣装ケースがありますので、これを使うと衣服をスピーディに梱包できるようになります。ダンボールを使って荷造りをしていくとなるとたたんで詰めていくので手間がかかりますがこういった衣装ケースの場合は衣服をハンガーごとケースにかけていくことで、荷造りを済ませることができます。


引っ越し先に移動し終えたら衣装ケースの中身をハンガーのまま取り出して、クローゼットなどに収納していくことができて便利です。

愛犬と10年近く一緒に暮らしてきました。



なので、転居の時にはペットを飼っても良い、というマンションをどうにかして見つけるよう、頑張ってます。

そして、ただのペット可マンションではなく、私としては、ぜひ屋上にドッグランがあるなどペット用の設備が整っているマンションなら言うことはありません。


家賃がそれなりに高くなったとしてもそれでも犬と一緒にいられるなら、文句はありません。この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、まずクローゼットを空にしてみるともう使わないものが大半だったので仕分けが大変でした。
特に服はずっと着ていなかったものが大半でした。そんなわけで、引っ越しのために不要なものを片付けることができて、荷物も私の心も余計なものがそぎ落とされました。アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、最後に、退去時の立会いという、ちょっとした試練があるでしょう。
大家さん、もしくは管理会社の物件担当者が来て、部屋の隅から隅までチェックしてきます。これを済ませてめでたく退去が叶います。

それからこれは、物件ごとに少しの違いはあるようですが、払うべき公共料金の支払いはきちんと済ませておかないといけませんし、部屋の鍵は、自分で作ったスペアも入れて、全て返却します。
引っ越しの荷造りは大変なものですが、特に割れ物の取り扱いには誰でも気をつかいます。



万が一のことになると後始末も大変なので、注意したいものです。ちょっとしたことで、割れ物も強度が増すようになります。包むものより一回り以上大きい新聞紙で、紙の中央に底面を置き、一個ずつ包んでいきます。包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、クッションとしての役割がより高まります。

それから、持ち手のついた食器類などあれば、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。事前にできる引っ越し準備の一つとして持って行く物と持って行かない物のより分けをしていくことで、意図していなくても、どんどん粗大ゴミが増えてきます。こういった粗大ゴミですが普段のように、ゴミ収集日に出すことはできなくて、自治体に処分方法を聞いてその通りに処分します。粗大ごみを「そのうち捨てよう」と溜めておくと邪魔だし、一気に運ぶのは大変ですから、計画を立てて捨てていくようにします。

段取りこそ、引っ越しで一番大事なことです。



大きさと数が間に合うようにダンボールを用意し、日程を考えて梱包作業を進めます。
日々使うものは予め別にしておいて、他のものを用途や種類で大まかに分け、さくさくと梱包していきます。
何が入っているかわかるように、紙に書いて貼っておくと荷物を開くときに役立ちます。


いわゆるライフライン、電気やガス、水道の手続きは早め早めに進めていかなくてはなりません。



日取りも決まって、さて引っ越し作業を始めようという時、手元になくてはならないものとしては、まずはダンボールです。
引っ越しの荷造りを行なうのに、ダンボールは不可欠です。重量のあるものは小さい箱に入れるなど、使い分けられるように大小揃っていると使い勝手が良いでしょう。

かなり大量に使用することになりますから、少し多めに準備しておきましょう。入手先としては、スーパーなどのお店で使用済みをもらったり、ホームセンターで購入したりできるものの、利用を予定している引っ越し会社のダンボールを使うこともできます。この方が無難かもしれません。市販のものを購入するより安くつくことが多いです。


住むのに手狭になってきたマンションを引き払い、家を買うことにしましたが、購入の契約を結ぶ時に印鑑登録された実印が必要、ということを恥ずかしながら、知らなかったのです。
以前、印鑑登録だけは親が代理で済ませておいてくれましたけれど、今回は他の市から越してくる形ですから、転居先の市で役所に赴き改めて登録しないといけません。契約直前になっていきなり登録に行く事になったので大変慌ただしい思いをしました。



少しでも引っ越しにかかる費用を節約したいなら引っ越しの業者を決める際には必ず見積もりをとりましょう。正確に見積もりを出してもらいたければ業者に来てもらうべきですが、直接見てもらうことが難しければおよその荷物の量を電話で具体的に伝えるだけでも最適なプランを教えてくれます。他の業者の価格を伝えるとそれより高くならないようにしてくれる業者もあります。忙しくてもひと手間かけて、いくつかの業者の見積もりをとってください。


1年のうち、春や秋は引っ越しが多い季節です。
大学入学や就職、転勤など、人の移動が多いことが主な理由として挙げられます。一般的に、引っ越しは時間と手間がかかると耳にすることもありますが、様々な手続きが複雑でややこしいことが主な要因となっているようです。

具体的には、水道・電気・ガス・市役所での諸々の書類など、転居元、転居先どちらにおいても欠かせない手続きが多いので、焦らない為にも計画的な作業が必要になるわけです。

どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります

どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。

いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。
簡単に入手できるものばかりですが、専門の業者に依頼した引っ越しならば、契約するまでに契約特典扱いで、このような消耗品をもらえるという話もよく聞きます。



契約成立でもらえるものが、先に買ったものが無駄になったと泣かないように契約までの流れをよく見て、見積もりに来てもらう前にしっかり調べておきたいものです。

新居に移ってちゃんとした生活を始めるためには、ライフラインをまず整えておく必要がありますが、これに加えて初日からぜひ、インターネットも問題なく使えるようにしておきたいところです。


現在のプロバイダ契約に、あまり満足していないという場合はこれを機に解約してしまうと良いのでしょうが、現状で十分と考えているなら、契約を終わらせてしまうのではなく転居先で引き続き使えるように、住所変更の手続きなどをするようにします。ただし、引越し先のネット環境によっては開通工事などの必要も出てきます。
転居後すぐにネットを使えるようにしたいのであれば、確認と準備を早めにしておくのがおすすめです。
引っ越しで、プロの手を借りずに、やれるところまで自分で作業をする、というのであればできるだけ、荷造りの数を減らしましょう。
なぜなら、あまり大きな荷物の載せられない、自家用車で荷物を運びますから、狭い所に詰め込んでいきやすいように、適度な大きさのダンボールを使用して荷造りをしたり、割れ物の類は衣類でくるんで荷造りする等々、こんな風にして、包み紙の使用を防いで、その結果、荷物の嵩が減って割れ物と一緒に衣類も梱包することで、破損の危険も減らします。こんな風にして、なるべく荷物を少なくするように注意します。収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活を送っているとすれば、引っ越そうとしたとき、大きな問題となるのは荷造りを完了することでしょう。



量の多さが途方もなく、引っ越しまでに荷造りを終えられないとすればもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、いいきっかけになったと割り切って捨てることを楽しめればその後の生活が変わっていくでしょう。思いもよらない問題に突き当たるのが引っ越しですが、IH完備の家でなければ、ガスコンロをどうするかが問題になってきます。


自分の場合は新築に引っ越したのでガスコンロも必然的に新しくなりましたが、引っ越し先が新築でなければ手持ちのガスコンロを引き続き使うことになるかもしれません。

ガスの種類次第で、持っていったガスコンロが使えないことも考えられます。

引っ越す前に使っていたガスコンロをまた使うときや、買い換えの計画があれば使いたいコンロが使用可能か、注意してください。転職や転勤で職場が変わり、近くに住んだ方が良いとか、世帯の人数に変化があったなどをきっかけにして住環境を変えることになるのでしょう。

引っ越しをきっかけに、使わないでしまってあるものや古くなった服などはどんどん手放して、身軽になって新居に向かうことが多いと思います。



もっとも、布団類は引っ越しで処分することは少なく、同じ布団を使い続ける世帯がほとんどのようです。


一日のうち何時間かは必ず使うものですから引っ越しで買い換えるものでもないのでしょう。個人の引っ越しを扱う会社の大手で、実績を知られているのは引っ越しのサカイですね。全国くまなく、170社以上の支店を持ち、自社の保有車だけで3500台以上あるので、大手にふさわしいネットワークや機動力のある引っ越しを用意しているのです。幅広いニーズに応えられるよう、スタッフ全員がきちんと仕事をするという評判を維持しており、安心して引越しを任せることができます。


先日引っ越しをしましたが、家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、後の細かいものは自分たちで動かし、お金を節約しました。

荷物を全部移動させたところで、市役所に転入届を出しに行きました。


何かと見落としていたこともあったけれど、思いがけない人が協力してくれるもので、嬉しい誤算でした。どうにか当日中にご近所に挨拶して、荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。


私は地方出身だったので、今まで3回引っ越ししています。


引っ越しの理由は進学や就職ですが、荷作りの大変さは毎回変わりません。
そこでわかったことですが、単身者の引っ越しであれば、値が張るのは覚悟して、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うと荷物を安全に運べるということです。

スーパーのダンボールやクラフトテープは手軽に入手できますが、丈夫さが全く違います。
問題なく荷物を移動させるために必要になるので、妥協せず手に入れましょう。引っ越しを業者に依頼する場合、誰が、どこへいつ引っ越すかが決まった後に、一社、あるいは複数の業者に見積もりを依頼し、業者との間で諸条件に折り合いをつけられれば、作業を依頼する正式な契約を交わします。全面的に荷造りを任せるのでなく、ご自身で荷造りすることになれば段ボールなど梱包材は業者からもらえるので、当日までに終わらせます。引っ越し当日は、作業の流れについて全てプロにおまかせとなります。
これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?たとえば、荷造りをしているときです。

カッターやはさみを使った慣れない作業が続くので、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。荷物を移動させるときのことを考えても、荷物を落としたり、挟まれたりする危険性が高いのです。安い軍手を選べば良いのではなく、自分の手と指の長さに合っていて、滑り止めがついている軍手でないと役に立ちません。作業効率も上がりますし、安全性も高まるでしょう。

国民年金の加入者が引っ越しを行なうと、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する事務手続きを行なうことになるでしょう。
期限は14日以内となっており、転居先の役場を訪れてなるべく早めに、手続きは終わらせてしまうのがおすすめです。

手続きの際には、国民年金手帳と印鑑が必要なので、持っていきましょう。何かの事情で、本人が出向けない場合、記入漏れのない委任状が出せればしかるべき代理人が手続きを行なえます。部分的にでも引っ越しを業者に任せると、費用面はたとえ全く同じ引っ越しだったとしても時期による変動は必ずあります。


年度末及び長期休暇中は曜日に関係なく引っ越しが多く、繁忙期になるため大半の業者は費用を高目に設定しています。

時期が選べれば繁忙期を避けた引っ越しができるならいろいろな意味でお得になってきます。閑散期と繁忙期の差は、ほぼ倍になるケースも見られます。引っ越しの際、業者選びは大事です。
「どこでもいい」という訳には決していきません。

そして、特にどこか、是非利用したいという業者がないのであれば名の知れた大手を使うのが良いようです。
大手といえば、例えばどこかということでしたら、CMでも有名な、アリさんマーク引っ越し社でしょうか。

名のある大手ということで、会社が大規模である分、利用客もやはり大勢いるわけです。

社員教育もしっかりしている場合が多いですし、安全かつスピーディに、仕事を済ませてくれるのではないでしょうか。

あらかじめ引っ越しの費用がいくら掛かるのか、把握しているつもりでもかなり高額になってしまうことが多いです。

そういうことですから、出費を抑えるためにも業者の選択はよく考えて検討した方が良いでしょう。

業者の料金を見ると、同じだけの荷物を積んで、同じ距離運んだとしても各業者ごとに金額の違いが出てきます。


そういった、料金の差を知りたいという人にとって役立つのが、引っ越し料金の一括見積もりサイトです。

サイトを訪問して必要事項を打ち込み、申し込みをするだけで一度に複数の業者から見積もりを取れますから、とても役に立つでしょう。




子連れ引越しでも大丈夫!転勤族が実践する引越し荷造り12のポイント
↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2014 元引越しアルバイトが告白!悪質引越し業者を見抜くコツと本当にあった引越しトラブル10選 All rights reserved.