元引越しアルバイトが告白!悪質引越し業者を見抜くコツと本当にあった引越しトラブル10選

引越しを何度もするという人は珍しいですよね?はじめての引越し、勝手が分からないで悪質な引越し業者に騙されて、高額な引越し料金を請求された。引越しの時に家具・家電を壊されてしまった。新築の家を傷つけられてしまったなどトラブルにあわないためにあなたがしっておくべき事をまとめました

ホーム > アパートやマンション、賃貸のお部屋から

アパートやマンション、賃貸のお部屋から

アパートやマンション、賃貸のお部屋から引っ越していく際、なるべくなら、少し掃除をしてから退去するのが良いようです。
何か効果があると言えはしませんが、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。


これが敷金返還について良い影響があるかもしれません。お掃除をしておくにあたって、もしも落ちないシミや汚れがあるとか大きめの破損については、変に隠したりせず、あまり触らないでおきます。

頑張って擦り落とそうなどとやると、余計に傷口を広げることの方が多いです。
新居への引っ越しを済ませ、住所が変更になったのなら当然、運転免許証の住所変更手続きもしておかなくてはいけません。


運転はほとんどしないからということで、次回の免許更新の日を迎える時まで別にこのまま、放置で構わないと思っている人も大勢いるようなのですが、運転時の携行義務以外にも、免許証を使う機会というのは意外と多いです。


携帯電話の新規利用を申し込んだり、機種変更をする場合に使いやすい本人確認書類として重宝します。
銀行口座を作る時も必要になったりしますし、役所の手続きなどで必要なこともあります。
因みに、住所変更で免許証が再発行されるわけではなく、裏面に新住所が新たに記載される形です。
時間もそうかかりませんし、早めに済ませておいた方が面倒がなさそうです。まだ子供が生まれる前のことですが完成したばかりのマンションを購入できまして、転居を決定しました。
さて、引っ越しの日、作業は進んでいきましたが、大きなテーブルがあって、取り外し可能な脚がなかなか取り外せず、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、まあまあ妥当な値段だとは思いましたが、少し納得しづらい追加の料金を支払ったのでした。


できれば事前にどんな時に追加料金を払うことになるのかを、確認しておくべきでした。1年のうち、春や秋は引っ越しが多い季節です。この季節は就職や転職、大学入学といったイベントが多いことが主な理由として挙げられます。

多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだと聞きますが、手続きがややこしいという点が主な要因となっているようです。
引っ越しにおいて必要不可欠なガス、水道、市役所への提出書類など、元の土地でも引っ越し先の土地でも行わなければならない手続きが重なっていますから、しっかりとプランを立てて作業するのをお勧めします。予約を入れて、引っ越し作業を依頼しておいた場合、前日や当日という直近になって、急にキャンセルすることによって、業者からキャンセル料金を支払うよう求められるケースがあります。

引っ越し業者は見積もりを作る時点で、どういった時にキャンセル料金が発生するかをちゃんと説明しなければなりません。

けれども、書面だけでの説明となると書類をしっかり読まないと気付けませんから、引っ越し作業の予約をする前に、念のためキャンセル料についての詳細を聞いておくと、役に立つでしょう。うちの洗濯機はドラム式で、以前一度だけ転勤をし、その時は単身赴任ではなく、家族で引っ越しました。

引っ越してきた日、荷物が届けられましたが、濡れているダンボールを発見し引っ越し業者に電話をしてみました。ダンボールが濡れていたのは、洗濯機のホースから出た水だったようでそれが流れ出てしまい、誰も気付かないまま運んできてしまった、ということです。



箱が濡れていただけで、別段何か損害が出たわけではありませんが、ホースの中から、しっかりと水を抜いておく必要があるとは思わかなかったです。
でも次は失敗の無いようにしたいものです。


これまで何度も引っ越しをしてきていますが、経験を重ねてきた者として、一つ言っておきたいです。「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。
まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、気付いてみると、一つの箱のいくつかの食器が欠けていました。


それらが、自分で作った陶器だったため、衝撃は大きかったです。
ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。

これから先の引っ越しでは、繊細な工芸品などは必ず、自分で運ぶようにしているのです。エアコンをどうするか、というのは引っ越し時によく問題になるようです。ただし、引っ越しで退去する家が賃貸住宅でしたら、管理人や管理会社の担当者に対してエアコンは今のまま設置して、置いて行きたい、それが可能か知りたいと問い合わせてみましょう。部屋の管理をする側としては、エアコン付の物件を次の入居者に用意できるわけですし、現状のままでも良い、という話に進むこともしばしばあります。



こういった場合ですと撤去にかかる費用が丸々不要になりますから、その分、少し節約できるかもしれません。引っ越しに向けて冷蔵庫の準備の仕方がわからず、どうしようと慌てる方が結構いらっしゃいます。

冷蔵庫の準備とは、前の日までに庫内を空にして、電源を切っておき、一番下の水滴貯めパレットに貯まった水を捨てておけば他にやることはありません。

ですから、庫内のものは冷蔵庫の電源を切るまでに使い切るようにし、常温で保管できるものを買うように配慮し、しばらく冷蔵庫を使えない状況に備えましょう。



うちは大家族で、荷物もかなり量が多いです。なので、ほとんどの引っ越し作業について、お任せするプランを利用しています。ところで、いつも迷うのが、心付けをどんなタイミングで渡すべきか、です。

料金は料金としてちゃんと払うにしても、大変な作業を長時間続けてくれた、勤勉な人たちには、どうしても個人的にありがとうの気持ちを伝えたくなります。

いつも飲み物をペットボトルで一本ずつと、加えて各人に千円ほどを包むようにしているわけですが、皆さんはだいたいお幾らほど、そしていつ渡しているのか、知りたいところです。


一世帯がまるまる引っ越すとなると、結局は当日やらなければならないことが多く、作業は一日かかってしまうのが普通ですから、前倒しにできることがあれば片付けておくことをおすすめします。
引っ越し先で、直ちに水道も電気もガスも使えるようにしておくことを確実に終わらせなければなりませんし、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、他のものに紛れないように、取り出しやすく、片付けやすくしておかなければなりません。自分は単身世帯の引っ越しだったので、業者さんに依頼したのは大きいものだけであとのものは自分たちで運びました。
そうした荷物の移動を終えた後で、住民票の移動も済ませました。何かと見落としていたこともあったけれど、思いがけない人が協力してくれるもので、本当にありがたいことです。
その日のうちにご近所さんに挨拶に伺い、荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。これから、引っ越しの前日に終わらせることを説明します。
まず、引っ越しのタイムスケジュールを確かめてください。



いつ引っ越し業者が来て、何時までに作業を終えなければならないかなどを確認しておきましょう。全ての荷物は搬出しやすい場所にまとめておきます。

業者さんと手伝ってくれる人のために飲み物を用意しておくことを忘れないでください。

作業が終わったところで、飲み物を出せば暑い時期の引っ越しでは心から喜んでもらえます。いろいろな引っ越しの進め方がありますが、全てを業者にお任せするという人も最近では多いようです。



しかしそうであっても、少し大きめの家具や、重量のある家電が運搬される時には、近くでその作業を見守っていた方が良いでしょう。引っ越し業者の人が、もしも大きな荷物を運んでいる間に壊したり、傷をつけたりすると、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。


ただ、荷物についた傷は引っ越しの時ついた、とわかっておく必要があるからです。
写メなど残しておくと良いかもしれません。



犬を飼い始めてそろそろ十年経つでしょうか。この子と暮らし続けるため、引っ越しをする時はペットが飼えるマンションでないといけませんから探し回ります。
さて、ペット可のマンションにもいろいろありまして、できれば屋上にドッグランがあったりする、などといったちゃんと設備が整ったマンションがいいです。家賃がそれなりに高くなったとしてもペットと一緒の生活を続けたいと考えます。
↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2014 元引越しアルバイトが告白!悪質引越し業者を見抜くコツと本当にあった引越しトラブル10選 All rights reserved.