元引越しアルバイトが告白!悪質引越し業者を見抜くコツと本当にあった引越しトラブル10選

引越しを何度もするという人は珍しいですよね?はじめての引越し、勝手が分からないで悪質な引越し業者に騙されて、高額な引越し料金を請求された。引越しの時に家具・家電を壊されてしまった。新築の家を傷つけられてしまったなどトラブルにあわないためにあなたがしっておくべき事をまとめました

ホーム > 引っ越しは先週末に終わりました。

引っ越しは先週末に終わりました。

引っ越しは先週末に終わりました。
引っ越しを終えた日に部屋の電気をつけて明るくなったとき「これからはここが自分の家だ」と思わずにいられませんでした。
こんなこともめったにないのでいつもならとても手が出ない宅配のピザとお寿司、お気に入りのワインを並べて引っ越しが無事終わったお祝いをしました。新居での生活も楽しみいっぱいです。業者に支払う引っ越し費用は、同一内容の引っ越しで比べても引っ越す時期によって決まります。年度末及び長期休暇中は曜日に関係なく引っ越しが多く、繁忙期になるためどの業者も高めの料金設定になっています。


このことから、できる限り繁忙期を外して引っ越しできればいろいろな意味でお得になってきます。



その差は倍近くに及ぶこともあり、決して見過ごせません。仕方のないことですが、最近、マンションやアパートでどんな人が隣に住んでいるのか、それさえ知ることなく生活するのが当然と思う人が増えています。
それでも、日常の挨拶や何かあったときに助け合うくらいの関係は保っていた方が良いでしょう。



関係作りの最初の一歩として、引っ越してきたときには手土産を持ってお隣に伺うことは、当たり前ですが大切です。どんな世帯の引っ越しにも、欠かせないものがあります。いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。


どこにいても買うことはできますが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、契約のお礼として引っ越しグッズをもらえるケースが増えています。
契約すればただで手に入るものが、結局ダブってしまったと後悔しないよう、まずは見積もり依頼の時に念を入れて確かめてください。

引っ越しの前日までに、短時間で良いので何時に、誰がどのように動くか確かめましょう。

何時に業者が来る予定か、何時までに作業を終えなければならないかなど、時間とやることの調整をしておきます。
全ての荷物は搬出しやすい場所にまとめておきます。引っ越し業者さんの他、当日手伝ってくれる人へのお礼として飲み物を用意しておくことを忘れないでください。

作業が終わったところで、飲み物を出せば特に暑いときなら、みんなが嬉しくなるでしょう。
学校を卒業した直後、友達と二人で部屋を借りて住んでいたこともあります。

アパートだと、ペットを飼えないところが多く友達は猫と一緒に暮らしていたため猫を飼っても良い物件を苦労して探しました。二人で不動産屋に相談し、やっと条件に合う物件を見つけました。
即入居できたので、引っ越しして猫のためにも本当に良かったです。

様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。

中でも特に重要度の高いものとしては免許証を筆頭に、自動車にまつわる諸々の書類があります。
普段は車に乗らない、という人ですら、運転免許証の住所変更は本人確認書類としても使えるのが運転免許証ですし、手続きをきっちり済ませる人がほとんどなのですが、なぜか車庫証明の登録し直しのことは、忘れられがちです。これについても警察署で手続きができますので、車庫証明も免許証と同時に手続きをしておきますと何度も足を運ばずに済みますよ。
いざ引っ越し作業を始めようというタイミングで、なければ何もはじまらない物は何かと言うなら、まずはダンボールです。
荷物を運ぶには、梱包しなければなりませんが、この時にダンボールが必須です。大きさを色々揃えておくと、使い分けができて作業しやすいはずです。



かなり大量に使用することになりますから、想定より多めの個数を準備するのが良いようです。無料で入手したいなら、スーパーなどお店でもらえますし、新品をホームセンターなどで買うこともできます。ですが、利用を予定している引っ越し会社のダンボールを使うこともできます。この方が業者にとっても積み込みがしやすいということもって、歓迎されるでしょう。引っ越し作業に最も影響を及ぼすのがお天気です。どういうことかというと、雨が降ると荷物の防水などの作業が増え、時間がかかるようになります。

作業を一貫して業者に任せてしまうのでしたら、防水などは徹底してくれますから、荷物が傷む恐れはないはずですが、雨による渋滞で荷物到着が遅れ、作業終了も遅くなるかもしれません。



業者スタッフに任せず、自分で荷物の梱包を行なうのなら、防水対策は必要です。特に梅雨時などは何時降ってきてもおかしくありませんから防水対策をやり過ぎてしまう、ということはないはずです。やるべき事が、次から次と出てくるのが引っ越しです。必要な手続きもいろいろとありますが、中でも必要になるのはライフラインの整備であり、特に水を使えるようにしておくことは引っ越し前から新居に出入りするなら、大変重要です。水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からがいいかというのは人によりますが、引っ越し日前の忙しい時期は避け念を入れて、引っ越し当日の一週間程前に水道が使える状態になっていたら、それで十分でしょう。長い時間、犬と一緒に暮らしてきています。ですから、住まいを変えることになった時には絶対に、部屋でペットが飼えるタイプのマンションを探し回ります。
さて、ペット可のマンションにもいろいろありまして、なるべくなら、ドッグランが屋上にあるなど設備の整ったマンションが望ましいと考えています。

普通のマンションより家賃は高めでも愛犬と一緒に生活していけるのならいい、と思っています。荷造りが大変なものはいくつかありますが、食器は数も多く、とても面倒です。必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、細心の注意を払って梱包しなければ開けてみたら壊れていたという事態になりかねません。

繊細な薄いガラスでできたグラスが、最近の人気です。そのようなグラスは、まず内側に新聞紙を詰めて補強し、その後、外から包んで、また、専用の箱があるのでそれに入れるなど、梱包全体に厳重な注意を払うと途中で壊れてしまう危険性はだいぶ減るでしょうね。
引っ越し先がごく近距離であれば業者の手を借りずに引っ越しすることは可能です。
自家用車を使って、運べるだけの荷物は転居先に運びこみましょう。

少量ずつ時間をかけて運んでいくことで自家用車で無理なく、しかも十分な荷物を運搬できます。


大きな家具や家電は、引っ越し最終日にトラックを一日かりて、何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。

こうすると、引っ越し費用はだいぶ節約することができます。電気、水道、ガスなどと並んで、引っ越しの準備の中で忘れてはならないのがインターネット回線のプロバイダーへの連絡です。
引っ越し先の状況によって対応も違ってきますが、必要な手続きは全て済んでいると思い込んでいて、はじめて移転手続きが終わっていなかったことに気づいた、ということになりかねません。引っ越しが多い時期だと開通に数週間かかることも珍しくありません。プロバイダーに移転の連絡をするだけでも、早めにしておくのが鉄則です。

色々とやることの多く、時間と手間のかかるのが引っ越しです。
ところで自分で荷物を梱包して準備を済ませてしまう人も、大勢いらっしゃるようではありますが、会社にもよるのですが、梱包をサービスの一つとして提示されています。


でしたら時間をとる梱包作業は業者にしてもらうことを、おすすめします。

やはりプロですから作業は早くて、荷物の扱いに慣れていますし、なんらかの事故が起こってしまった時に作業を行った業者がその責任を負って被害があった荷物の弁償に至る場合もありえます。
↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2014 元引越しアルバイトが告白!悪質引越し業者を見抜くコツと本当にあった引越しトラブル10選 All rights reserved.