元引越しアルバイトが告白!悪質引越し業者を見抜くコツと本当にあった引越しトラブル10選

引越しを何度もするという人は珍しいですよね?はじめての引越し、勝手が分からないで悪質な引越し業者に騙されて、高額な引越し料金を請求された。引越しの時に家具・家電を壊されてしまった。新築の家を傷つけられてしまったなどトラブルにあわないためにあなたがしっておくべき事をまとめました

ホーム > 厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてし

厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてし

厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてしまってある衣類の梱包をする際は多くの引っ越し業者でレンタルサービスしてくれる衣装ケースが存在しますから、これを用いると梱包作業が大変スムーズになるでしょう。



衣装ケースではなくダンボールを使用した場合は箱の中にたたんで詰める手間が必要となります。
でもこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用すると様々な種類の衣服を、ハンガーにかけられている状態のままでケースに収めていくことができるのです。

転居先に着いたら、ケースから取り出してダイレクトにクローゼットなどの家具にかけていけます。
どれ程の金額が、引っ越しの際にかかることになるのか、という点は知らないままでいるうちは、少し不安になりがちです。


でも、費用関連については、ネットを使うとたやすく調べられます。


同時に多数の業者から簡単な見積もりを知らせてもらえるサービスなどもあり、どの会社を利用するべきか決定するのが難しい時は料金の一括見積もりを依頼できる、業者の比較サイトをいくつか見て、利用してみると費用面の不安が軽減されるでしょう。

うちの洗濯機はドラム式で、二年前、転勤で引っ越しをしました。



その時の事です。新居に荷物が運搬された時、濡れているダンボールをみつけて利用した引っ越し業者に電話しました。ダンボールが濡れていたのは、洗濯機のホースから出た水だったようでそれが流れ出てしまい、誰も気付かないまま運んできたようです。


箱が濡れていただけで、別段何か損害が出たわけではありませんが、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないと今度からはぜひ気を付けたいです。

あこがれの年金生活ではありますが、生活が大きく変わることは避けられません。

これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。


いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにかかわらず、生活パターンが大きく変われば、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。

まず考えられることとして、借家や賃貸マンション、アパートにお住まいでしたら家賃負担が大きくなることが予想されます。


これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも賢明な選択だと言えます。アパートなど、賃貸の部屋から引っ越す時は、退去時の立会いという部屋のチェックが必ずあります。

部屋を管理する立場の人が部屋に入り、部屋の隅から隅までチェックしてきます。
立会いを終了させて晴れて退去、となるのです。ケースごとに多少違ってきますが、電気ガス、水道代など公共料金の清算はすっかり終わらせているべきですし、スペアを含めて鍵は全部返却することになっています。返却漏れのないようにしましょう。

一軒家であればともかく、最近のマンションやアパートでは隣に住んでいる人のことを全く知ることなく生活するのがごく普通になっています。だからといっても、日頃から挨拶する、何かあったときにはお互いに助け合えるという仲でありたいものです。

良好な関係を作り出す手始めとしては、引っ越してきたときには手土産を持ってお隣に挨拶に行くことがまず必要です。
どれだけ経験があっても、引っ越しの際の準備には苦労します。

引っ越しを初めて経験する際には、その苦労も何倍も感じるでしょう。

この負担を軽くするためのコツですがまずは、時間と気持ちに余裕を持った計画を立て、その計画を、気負わず大らかな気持ちで実行することがコツだと言えます。



計画に沿ってきちんと実行できるのであればそれが一番良いのですが、手続きや書類記入の作業に追われて、家の中のことをうっかり忘れされてしまうことが良くあるのです。ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、多少の遅れがあっても気持ちに余裕が持てると思います。引っ越し業者を使わずに、やれるところまで自分で作業をする、というのであれば荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。なぜなら、あまり大きな荷物の載せられない、自家用車で荷物を運びますから、狭い所に詰め込んでいきやすいように、適度な大きさのダンボールを使用して梱包作業をする、われものなどは、シワになってもいいTシャツにどんどん包んでいく、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますし一緒に衣類も運べるという、チョイ技になっています。万事このように、荷物を減らす努力をしましょう。


田舎から出て一人きりの賃貸生活をすることになった時は、部屋に持ってくる荷物が少なくて、あれこれ検討しましたが、ヤマト運輸の宅急便で引っ越すことに決めました。
衣類と仕事用の本とか、梱包してみたらダンボール10個もないくらいでした。なので、レンタルトラックを使ったりするより格段に安く済みました。


ある種の生活必需品、たとえば布団とかは後から新しく買うことにしていましたからこうした方法での引っ越しも、可能だったのでしょう。最近では、知る人も少なくなってきたようなのですが、引っ越しソバという言葉もありまして、引っ越しをするとソバを食べるという習慣がかつてはあったのです。

由来ですが、どうやらソバの形に掛けまして、ぜひ、細く長いお付き合いをしたいものですという、願いが込められていますし、この度、お側(ソバ)に越してきた者ですというダジャレもこめて新しいご近所さんたちに振る舞われたり、配られたりしたとされています。



引っ越しの時は元の家や引っ越し先の隣人に対して挨拶した方が今後の生活にプラスに働くと思います。実際に挨拶に行かなかったせいで隣人関係で軋轢が生まれることもあるからです。普通に生活しているつもりでも思いもよらない迷惑をかけていることもあるものです。円満に解決するためにも、隣人たちには、出来ればきちんと挨拶に伺った方が好印象でしょう。新しい住まいに、物を運びこもうとする際に、設置の場所やその周りなどに、少し注意したい家電と言うとどうやら、洗濯機のようです。


毎日のように、水をたくさん使う家電ですし、水道の近くに設置されることになります。

具体的には、浴室の近くになったりしますが、湿気の多い場所であり、また、排水溝のトラブルで簡単に水漏れが起こる可能性も考えられ、部屋の換気に気を配ったり、水漏れの対策は不備の無いようにしておきましょう。



引っ越しで、荷物をまとめる際、慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。

一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。



包むものが全て隠れるくらいの大きさに新聞紙を調整し、底面から一個ずつ包むようにしましょう。包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、ぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。


持ち手や取っ手がある器の場合は、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。

一回引っ越ししてみれば必ず行ってきたことですが、電気や水道と同じように、ガスの解約をすることになります。私も何度か引っ越しを経験してきましたが、簡単な手続きをすれば解約はできます。

しかし、その解約を忘れてしまうと、転居後のガス代も引き続き請求されることになるので決して忘れてはなりません。その際、転居後も月末まで料金の支払いは自分のところに来るのです。
賃貸契約で住んでいたところから引っ越しする際、最後に出て行く時には、なるべくきれいに掃除をしておきましょう。別段掃除をする義務はありませんし、掃除をして何かメリットがあるなどとは到底、言えないのですが、大家さんも気を悪くすることはないでしょうし、それが敷金返還のことなどに何らかの影響を与えたとしても、不思議ではないでしょう。さてお掃除に関してですが、何をしても落とせない汚れがあったり自分で直せないような破損のことは、諦めた方が良さそうです。張り切って修理しようとすると、たいてい悪化するのが常です。
↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2014 元引越しアルバイトが告白!悪質引越し業者を見抜くコツと本当にあった引越しトラブル10選 All rights reserved.